2050年に温室効果ガス「ゼロ」 本当にできるのか

菅義偉首相が、2050年に二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を「実質ゼロにする」と表明した。国際的な脱炭素の流れに「周回遅れ」とも批判されていただけに、世界ようやくに歩調を合わせたことは、世論も評価している。ただ、目標の達成への道のりは平たんではなく、原発をどう位置づけていくかなど、難問山積だ。

Source: Jキャストニュース

0