「マヤ文明の大ピラミッド『エル・カスティーヨ』の1892年の姿はこんなだった…」

エル・カスティーヨ00
メキシコにあるマヤ文明のピラミッド「エル・カスティーヨ」。

マヤの最高神ククルカン(ケツァルコアトルのマヤ語)を祀ったもので、チチェン・イッツァ遺跡を象徴する建築物です。

20世紀初頭に考古学者のシルバヌス・モーリー氏が発掘調査を始めるまでは、ピラミッドのほとんどは埋もれていました。

1892年の姿をご覧ください。

続きを読む

Source: らばQ

0