【ほらな】イ・ヨンス(ハルモニ)「慰安婦問題、韓日の学生交流で解決すべき」

ハルモニ スローガン アンカー ペク・ヨンサ 両国に関連した画像-01
12020/05/24(日) 10:07:47ID:CAP_USER.net

(動画=YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=5qRbrrRZDuc&feature=youtu.be
_______________________________________________________

<アンカー>
イ・ヨンス(ハルモニ)さんは我々とのインタビューで、若い学生たちを心配し続けていました。学生たちが参加する集会で、一方的なスローガンだけを叫んでいては慰安婦問題を正確に理解することは困難で、問題も解決できないという論理でした。韓日両国の学生を交流させて『歴史教育』を十分に行ってこそ、長期的に両国の痛切な歴史が元の位置に戻ると思う、このような立場でした。

続けてペク・ヨンサン記者です。

<レポート>
去る7日の記者会見で、正義記憶連帯の水曜集会不参加の意思を表明したイ・ヨンスさん。

イ・ヨンスさんは、韓国と日本の『正しい歴史教育』に根本的な解決策があると考えました。

<イ・ヨンスさん>
「日本と韓国は隣国です。これらの学生たちで交流を行い、歴史を互いに学びながら、正しい歴史を知るべきではないでしょうか」

歴史教育のないデモ中心のやり方は、慰安婦問題の解決には役立たないとの事です。

<イ・ヨンスさん>
「学生たちが正しい歴史を知り、お互いに親交を深めるには時間も掛かるだろうが(容易ではないが)、それでもお互いに行き来すべきです」

無条件の『反日』よりも、『両国の交流』を通じて慰安婦問題を日本人が十分に理解すれば、解決の可能性があると見ているのです。

<イ・ヨンスさん>
「謝罪と賠償を処分(請求)する事を、ああ、だから謝罪と賠償を要求するんだと分かるまで歴史の勉強をして、解決して欲しいと思う」

歴史教育のための施設の重要性も強調しました。

<イ・ヨンスさん>
「教育館を建てて教育しながら両国間で和解して交流すれば、(教育館に)先生を迎えて教える事もできる」

イ・ヨンスさんは来る25日の記者会見で、慰安婦問題解決のための運動の方向性を提示する予定です。

TV朝鮮、ペク・ヨンサンでした。

ソース:TV朝鮮(韓国語)
http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2020/05/23/2020052390050.html

document.write(” + ”);

Source: アルファモザイク

0